• 新着情報
  • 施工実績
  • 技術紹介
  • 会社概要
  • 採用情報
  • お問い合わせ

技術紹介

コンクリートひび割れ制御システム

マスコンクリート等の養生管理技術です。従来は特殊養生工を手動で運転管理していましたが、本技術の活用によりコンクリートの温度履歴からパイプクーリングの運転や養生温度・湿度を遠隔で自動運転管理ができ、省人化と品質の向上が期待できます。(NETIS登録番号:THK-160002-A)

image8

特徴

1.管理担当者の24時間管理体制を緩和し、省人化を図ることができます。
2.管理担当者の定期な巡回見回りや夜間見回りが不要となります。
3.自動制御運転により、養生温度を確実に管理できるようになり、CO2排出量が削減できます。
4.パイプクーリングを自動運転に変えることにより、適正な温度履歴の時間で停止できます。
5.温度降下を穏やかにし、ひび割れ発生を抑制できます。