• 新着情報
  • 施工実績
  • 技術紹介
  • 会社概要
  • 採用情報
  • お問い合わせ

技術紹介

海上浮体設備位置管理システム

排砂管等の海上浮体設備の数か所にGPS位置情報を発信するスマートフォンを設置し、作業指揮船のノートPCで位置管理システムを作動させます。作業船ではこのPCと同じ画面を表示するタブレット端末を見ながら計画位置まで設備を移動して設置します。 (NETIS登録番号THK-160001-A)

海上浮体-001tri

特徴

1.複数人で行っていた旗入れ作業が不要になります。
2.スマートフォン等の位置情報を発信する機器は浮体設備に磁石やロープ等で取り付けるため、一般航行船舶
、 等の運航に影響を与えません。
3.GPSを利用しているため、霧等の影響を受けずに浮体設備の位置情報を得ることができます。
4.付帯設備の位置情報を、各作業船のタブレットPCで共有できます。
5.作業終了時にスマートフォン等を回収するため、航行船舶や環境に影響を与えません。