• 新着情報
  • 施工実績
  • 技術紹介
  • 会社概要
  • 採用情報
  • お問い合わせ

技術紹介

潜水作業施工管理システム

ブロック据付作業等においてGPSとトランスポンダと水圧式深度計を使用して起重機船の誘導、据付ブロックの誘導、潜水士の位置の把握、および潜水士の減圧管理を行うことで、潜水作業の効率化および安全性の向上が期待できます。  (NETIS登録番号:CBK-170003-A)

CBK-170003A

特徴

1.作業効率の向上
・据付作業を行う起重機船の位置決めにGPSを使用可能としたことで、船体を目標位置に正確に誘導できます。
・クレーンブーム先端のGPSまたは吊ワイヤに取付けたトランスポンダの位置をモニタに表示できるため、ブロック据付位置の誘導が可能です。

1

2.安全性の向上
・潜水士に装備したトランスポンダにより、潜水士の位置を船上のモニタからリアルタイムに把握できます。
・潜水計画の潜水深度、潜水時間、および潜水回数をシステムに入力することで、減圧深度および減圧時間を自動で設定できます。
・水圧式深度計の装備により、潜水士の潜水深度、潜水時間、および浮上状況を船上のモニタから監視できます。

2

3.業務の省力化
・潜水ログから、潜水作業日報を自動で作成できます。