• 新着情報
  • 施工実績
  • 技術紹介
  • 会社概要
  • 採用情報
  • お問い合わせ

技術紹介

土砂投入装置(二重トレミー管)

二重トレミー管工法は、投入材を分離させず速やかに着底させることができ、しかも水質汚濁拡散も抑制できる環境に優しい水中盛土工法です。平成9年度より多目的作業船コンベヤーバージに装着し、実績をあげています。

69-01

二重トレミー管による効果

投入材を安定した沈降状態で静かに着底させることにより、以下の効果が期待できます。

1.品質品質

投入材が分離せず着底するため、均一な盛土地盤を構築できます。

2.出来形

投入量と排出量の関係が安定するため、出来形の精度が向上します。

3.汚濁

土砂投入の際に発生する濁り・アクなどの水質汚濁を低減できます。

4.施工性

一度に大量の土砂を投入しても管内閉塞がおこらないため、施工能力が向上します。

また、5m~18mの範囲で伸縮可能なため、様々な水深の施工場所に適用が可能です。

69-02

二重トレミー管パンフレットより引用