• 新着情報
  • 施工実績
  • 技術紹介
  • 会社概要
  • 採用情報
  • お問い合わせ

技術紹介

SG-Wall工法

SG-Wall工法は、固化処理土工法(Soil stabilization)と補強土工法(Geosynthetics;特にジオグリッド)を組み合わせた港湾構造物(Wall;護岸・岸壁)の増深および耐震性向上技術です。

71-01

SG-Wall工法は、既存岸壁の前面に鋼(管)矢板を打設し、矢板背後を固化処理土に置き換えるとともに、面状補強材(ジオグリッド)を介して一体化させた構造体です。SG-Wall工法を利用することにより、例えば、老朽化した控え矢板式岸壁のリニューアルに際し、ほとんど岸壁法線を変更することなく、耐震性能を向上させるとともに、コンテナ船の大型化に対応するための増深も実現できます。また、新設の護岸・岸壁はもちろん、地震被災後の復旧工法としての利用も期待されます。SG-Wall工法は、(独)港湾空港技術研究所、(財)地域地盤環境研究所、及び民間6社の共同研究により研究開発が進められています。

特徴

  • 高い耐震性能を有する構造体を構築できる。
  • 浚渫土や建設残土を固化処理土して利用することで有効活用できる。
  • 護岸(岸壁)法線をほとんど変更することなく、耐震強化と増深が同時に図られる。したがって、老朽化した矢板式岸壁(護岸)のリニューアルに有効である。
  • 護岸に適用した場合、矢板と固化処理土が一体化しているため、津波や高潮に伴う吸出しによる損傷を軽減できる。
  • 陸上機械での施工も可能であり、工事区域をコンパクトにすることができる。
  • 従来の控え矢板式改良に比べ、5~10%程度のコストダウンを実現できる。