• 新着情報
  • 施工実績
  • 技術紹介
  • 会社概要
  • 採用情報
  • お問い合わせ

技術紹介

発泡スチロール土木(EPS)工法

本工法は、盛土荷重軽減載荷工法の軽量盛土工法の一種です。軽量盛土工法自体は特に目新しい工法ではありませんが、その概略は、盛土自体の荷重を軽くすることで通常の盛土よりも在来地盤への影響を小さくでき、地盤処理も極力低減して盛土築造を可能とする工法です。EPS工法はこの軽量盛土材に発泡スチロールを利用し積み重ねていくもので、他の軽量盛土材に対して超軽量性・自立性・耐水性・施工性・経済性において優位に立つ材料であり、荷重軽減だけでなく土圧軽減を図る必要のあるところ(例えば構造物の裏込めなど)に効果を発揮します。

特徴

1.軽量性

発泡スチロールの密度は土砂やコンクリートの約1/100程度であるため軟弱地盤にかかる盛土荷重を大幅に低減でき、他の沈下・支持力不足などの問題を一挙に解決できます。

2.自立性

発泡スチロールは自立性があるため、これを積み重ねた構造を自立壁として利用できるため用地等の有効利用ができます。

3.施工性

発泡スチロールブロックの積み重ねには大型建設機械が必要なく人力施工のため、施工速度が早く軟弱地など大型機械の進入が困難な場所での施工が可能となります。また発泡スチロールブロックは現地加工が容易に行えるため地形に対応した施工ができます。